フリーウェア「GIMP」を使って、顔写真から「目からビーム」を出させる方法

GIMPというフリーウェアを使って、顔写真から「ビーム」を出させる方法を書いてみます。Photoshopなどのシェアウェアを買いたくない人向けに、手順を作ってみました。ちょっとしたテクニックを使えば、いつでもどこでもビームが出せますよ! レッツビーム!!!!!

▼「目からビーム」 それはロマン。

「目からビーム」は老若男女のロマン溢れる必殺技。誰しも、「俺はサイクロップスさんみたいに目からビームを出せるようになりたい!」とか思ったことはありませんか?

ないですか、そうですか。

しかし、今や横浜銀蝿の嶋大輔だって目からビームが出せる時代。そんなわけで、今回は適当な顔写真画像を使って、目からビームが出せるようなテクニックを伝授したいと思います。

ネットさえ繋がれば、「タダ」でできます。
レッツビーム。

▼能書きはいいとして、目からビームを出させる方法

<まずは「GIMP」をダウンロードする>

<顔写真を加工する>

※注意点
・今回の手順は「途中保存」を挟んでいませんので、自信が無かったら、ちょくちょくと保存していくのがいいと思います。保存するときは「GIMP XCF画像(*.xcf)」がオススメ。この形式だと、レイヤーを保存することができます。

・やり直す場合は「ctrlキーを押しながらZキー」。

おあつらえ向きの画像を用意して、それをGIMPで開きます。ここでは例として「ペリーさん」の画像を例として用意してみました。

開国してくださ~い

GIMPを起動して、メインウインドウの右側に「レイヤーウインドウ」が見えていると思うので、レイヤーを新規で1枚作ることにします。写真に透明のシートを乗せて、その上に描くわけです。

レイヤーウインドウの所に、新規で作るアイコンが左下にありますので、これをクリックします(赤矢印の部分)。

「新規レイヤー」のウインドウが出てきます。

レイヤー名に「ビーム」とでもつけておきましょう。名前は適当でかまいません。

レイヤー塗りつぶし方法は「透明」を指定。これで、透明のシートを上に乗せることができます。

新規レイヤーの属性を決定すると、このように写真レイヤーの上に透明レイヤーができあがります。このレイヤー上に、ビームの絵を乗せていきます。

「パス」を使って、ビームのラインを作っていくことにします。

左側に「ツールボックス」のウインドウがあると思うので、その中から、ペンの先から曲線が出てるアイコンをクリックします(赤枠の部分)。

これが「パスツール」になります。

開いた画像にパスツールでラインを付けていきます。

手順通りならば、最初に作ったレイヤー上にラインを引くことになります。どうやってビームを撃たせるかを考えましょう。

パスは普通「曲線」を引くものなのですが、今回は直線状のものを書くので、マウスの右クリックでちょんちょんと頂点(アンカー)を付けていきます。目の下のラインを線が沿うように、アンカーを定めていきましょう。

アンカーは、カーソルを合わせてドラッグすれば、動かすことができます。

もう一方の目にも、同じようにラインを付けていきますが、ここでは、別々にラインを作ることにします。

そのままだとパスが繋がったままなので、SHIFTキーを押しながらアンカーを打ちます。すると、繋がったパスを切ることができます。ここから別のラインを作りましょう。

こうして、ビームのラインを作ることができました。

※補足
アンカーを閉じて四角を作る場合は、ctrlキーを押しながら、終点の部分にカーソルを持っていってクリックすれば、四角を作ることができます。

パスで囲われた部分を、選択範囲として指定します。メニューバーから、「選択→パスを選択範囲に」の順で選びます(赤枠の部分)。

※補足
レイヤーウインドウに別タブとしてくっついている「パスウインドウ」に、「パスを選択範囲に」の左側についてるマークと同じものがあります。これをクリックしても、パスが選択範囲になってくれます。

すると、ラインで囲われた部分が点線で表示されると思います。こうして、選択範囲で囲われた部分のみ編集ができるようになりました。

左側のツールボックスから、「塗りつぶし」(上の赤枠、ペンキ缶)を選択します。

その後、描画色(下の赤枠)で示された部分をクリックすると、メインで描かれる色を変更することができます。

描画色の変更画面。右側に見えるグラデーション枠をクリックしつつ、好きな色を選択してください。

今回は黄色を選択したいと思います。

そのまま、選択範囲で囲われた部分にカーソルを当ててクリックすると・・・・・

ビーーーーーーーーム

これだけでも結構形になりました。

ディテールを整えるパートです。前の段階でも十分ビームなのですが、もう少しリアルにしてみたいと思います。

とりあえず、一旦選択を解除しましょう。

メニューバーから、「選択→選択を解除」の順で選びます(赤枠の部分)。これで選択枠が消えます。

または、ツールボックスから「選択範囲」を選んで、好きなところをクリックして選択を解除する方法もあります。

ツールボックスから「ブラシ」を選択(上の赤枠)。ブラシを選択すると、ツールボックスの下の枠の部分に、ブラシの詳細を決定する枠(下の赤枠)が出てくるので、ブラシの形を調整します。

「不透明度」の数値は、数が低いほど透明になっていきます。また、「拡大・縮小」のスライダーを調整することで、ブラシの拡大・縮小をすることも可能です。

今回は「標準」「不透明度:100」で、大きめのぼけたブラシを使用。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、目の部分をブラシで塗りつぶします。眼球が見えないぐらいが丁度いいでしょう。もう少し派手めに塗りつぶしても構いません。

ちょっと光線らしくしてみましょう。

メニューバーから、「フィルタ→ぼかし→ガウシアンぼかし」の順で選びます(赤枠の部分)。

「ガウシアンぼかし」選択後に出てくる画面。

「水平」「垂直」の値を変えつつ、ビームのぼけ具合を調整してみましょう。「プレビュー」にチェックが付いてると、上のウインドウで、ぼかした後はどのような形になるかを確認することができます。

※補足
水平・垂直の値入力の隣の鎖?みたいなマークをクリックすることで、水平・垂直を同じ値にするか、違う値にするかを変えることができます。場合に応じて使い分けるのもいいでしょう。

ぼかした後。
より光線らしくなりました。

これぞ、文明開化ビームなり

輝きの大きい、芯の部分を作ってみます。

最初にレイヤーを作った要領で、新しい透明レイヤーを上に作っておきます。名前は「ビーム芯」といった具合に。

ビームの黄色い部分を作った時と同じ要領で、新しいレイヤーの上でパスを操作し、アンカーを置いていきます。この時、メインのビームよりも幅の狭い範囲で、ラインを作っていきましょう。

パスから選択範囲を作成し、白く塗りつぶします。
これもビームを作った時と同じ要領で。

選択範囲を解除。目の部分をブラシで塗りつぶすのはお好みで(ここではやってません)。

メニューバーから「フィルタ→ぼかし→ガウシアンぼかし」を選び、白い部分をぼかします。

ビーム完成!!

真・文明開化ビーム!!!

これで浦賀も開港せざるを得ない

<もうちょっと踏み込んだテクニック・色変え編>

「黄色いビームは嫌!!」「サーチライトみたいでかっこ悪っ!」と思ったら、ビームの色を変えることもできます。

ひとまず、レイヤーウインドウで黄色いビームのレイヤーを選択し、メニューバーから「色→色相・彩度」を選択します。

色相・彩度のウインドウが出てきたら、「マスター」を選択し(上の赤枠)、色相のスライダー(下の赤枠)を左右に動かします。

「プレビュー」にチェックが入ってると、メイン画面の色が変化するので、お好みの色に変えてみましょう。

※補足
「輝度」や「彩度」を調整すると、色が濃くなったり、薄くなったりします。場合によって調整してみましょう。

色を変えたところ。

水色ビーーーーーーーーム

サイクロップスさんもびっくりの赤いレーザーにすることもできますよ。

ルビーマスクくださいよ~

▼上の手順を使って、色んな人や物にビームを撃たせてみました

応用のテクニックを加えたものも入れてます。
先程書いたことを基にして、色々と試してみましょう。

あのね、目からビームを撃つ手品って知ってる?これね、近所のおばちゃんに評判なのよね。

って、マギー司郎じゃないし。

鬼才モーツァルトは、音楽の才能だけでなく、ビームを撃つ才能にも長けていた。感情が高ぶって初めて出せるのが、この伝家の宝刀「アマデウスビーム」なのである。

まさに、ロック・ミー・アマデウス。

うまくパスを操作すれば、反射ビームを撃つことだってチョチョイのチョイよ。 指熱っ

嶋大輔がビーム撃てるなら、当然、ねこだってビームが撃てる。なるほど、暗闇で目が光るのも納得ですね。

「照英が涙を流してると思ったら、実はビームを流してる画像ください!」って命乞いされたら、この画像をあげればいいんじゃないですかね(少々投げやり)。

うわっ・・・私のビーム、
ピンクすぎ・・・?

(他意はない)

ねこだってビーム撃つ時代なんだ、イカだってビームぐらい撃てる!さあ、烏賊娘に代わって侵略や!!

ダライアスとかにも居そうでもある。

目からビームを撃ちつつ、頭でビームを跳ね返すベースボールの使者、正岡子規大先生。

打率4割も夢じゃない。

七色レーザー、レーインボーゥ
(川平慈英のモノマネをしながら)

目からビームを出すだけでは能が無い。口からだって出そうじゃないかと意気揚々。

ビームというよりは波動砲。

「ひょえー!!!」
二階堂盛義さんは、興奮のあまり、目だけでなく、口と耳からもビームを出してしまいました。

本当に出しそうだから困る。

最後は盛大にじゃがいもビーム!!

これが本当の「芽からビーム」

ってやかましいわ!!

どうも~ ありがとうございました~

▼最後に参照リンク

GIMPにも色々なテクニックがあるので、学んでみるのもオツなものです。
普段Photoshop使ってる自分も、勉強になりました。

▼【追記】面白サービス

何故かあった、大木こだまひびきの画像。

ちっちきびーむ

この動画の詳細はこちら

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です