【GIMPの使い方】画像の切り抜き(トリミング)方法

大人気!無料で使える高機能画像編集ソフト「GIMP」。GIMPを使って画像を切り抜き(トリミング)する方法まとめ。

<<GIMP日本語版ダウンロード>>

GIMP最新版は、以下よりダウンロードできます。
サイトを開いたら「GIMP for Windows ( version x.x.xx )」をクリックしインストールすると最新版を利用できます。
※( version x.x.xx ) x部分数字はバージョンアップ時に更新されるので、必ずしも下画像と同じ
( version 2.6.11 )と表示されるわけではありません

※「日本語版ヘルプ(インストール版用)」は、使い方ヘルプを日本語で閲覧したい場合のみインストール。
「日本語版ヘルプ(インストール版用)」をインストールしなくても、GIMP自体は日本語表示になっています。
ヘルプが不要な場合は、「日本語版ヘルプ(インストール版用)」のインストールも不要です。

<<GIMP:画像の切り抜き(トリミング)>>

1.加工したい画像をGIMPで開く

今回は、GIMPキャラクター「ウイルバー君」の画像を切り抜いていきます。

3人のウイルバー君がいますが、GIMPの“切り抜き(トリミング)”機能をつかって
ベレー帽をかぶったウイルバー君だけの画像を作成します。

2.ツールボックス「切り抜き」をクリック

※ツールボックスが表示されていない場合には、GIMP上部ツールバーより
「ウィンドウ」→「ツールボックス」をクリックするとツールボックスを表示することができます。

3.切り抜き範囲を指定する

マウスの左クリックを押し続けたまま、切り抜きたい画像を囲みます。
後ほど修正するので、画像ギリギリに切り抜きしなくても大丈夫です。
(ただし、他の画像が範囲内に入らないように気をつけること)

もし途中で、指をマウスから離してしまった場合でも、途中から再度、左クリックを押下したまま
切り抜きたい画像が枠の中に収まるよう、選択範囲を広げていけば問題ありません(下図参照)

4.キーボード「Enter」をクリックし画像を切り抜く

手順3では、切り抜く範囲を指定しただけです。
この手順4でパソコンキーボード「Enter」を押し、はじめて切り抜き作業が完了となります。

意外に手順1~3まではわかっていても、手順4がわからず、GIMPで画像切り抜きが出来ないと
悩む方が多いようです。この機会にしっかり覚えてくださいね^^

(補足)余白なく画像を切り抜き(トリミング)する方法

手順3「切り抜き範囲を指定する」で大きめに切り抜き枠を指定し、画像まわりの余白を
削除したい場合の手順も補足としておきます。

=下図参照=

★GIMP画面上部ツールバー「画像」→「画像の自動切り抜き」をクリック

5.画像を保存する

GIMP画面上部ツールバー「ファイル」→「名前を付けて保存」をクリック

※ファイル名を変えず上書きしたい場合には「保存」クリックでOKです。

名前・・・今作成した画像に名前をつけると管理が楽です。好きな名前でOK
フォルダーの中に保存・・・今作成した画像を保存する場所を選びます。好きな場所でOK

※フォルダーがよくわからない場合には、とりあえず「デスクトップ」を指定しておくと、
画像が迷子にならず、安心だと思います。

保存したい画像形式を指定し、最下部「保存」をクリック。

※写真データはJPEG画像(jpg,jpeg,jpe)での保存。
それ以外のデータはGIF画像(gif)かPNG画像(png)での保存が適しています。

※今回作成したGIMPデータを後から修正したり、再利用する予定があるなら、
GIMP XCF画像(xcf)での保存がおすすめです。

gimp画像切り抜き(トリミング)操作方法、動画でも見れます

この動画の詳細はこちら

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です